トラックの種類を知ろう

トラックの種類を知ろう

トラックを購入するときは、主に業務のために使用することと思います。

 

使用法はそれぞれ異なりますので、
それに適したトラックを選ぶことが必要になってきます。
そのためにもトラックの種類を知ることが重要になります。

 

これは中古トラックでも、
新車のトラックを購入するときでも必要になってくる知識ですので、
購入する前にある程度把握しておくとトラック選びがスムーズに進むようになります。
 

 

まずトラックの種類は最大積載量にて分けることができます。
トラックの大きさはいろいろなタイプがあり、
それぞれ最大で積める荷物の量が変わってきます。

 

何を主に運搬するのかによって必要となってくる積載量が変わってきますので、
必要な大きさを知ることもトラック選びで重要な点になってきます。

 

大きければいいと考えるかもしれませんが、
大きいトラックは購入費用が多くなる可能性も高いですし、
重量税などの税金も高く維持費もかかります。

 

また狭い道路は通りにくいため逆に業務効率が下がることにもなりかねません。
また小さすぎても業務が効率よく行えなくなってしまいますので、
適切な積載量のトラックを選ぶ必要があります。

 

トラックのボディタイプもいろいろあります。

 

最もオーソドックスなのが平置きタイプです。
トラックの荷台が平らになっており、雨風をよける屋根がありません。
いろいろな物が積めるのですが、
雨や風に塗れても影響のない物を主に運ぶのに便利です。

 

雨や風にさらされると影響がある物を運ぶ場合は、
ボックスタイプのトラックを選びます。
他にもボックスに冷蔵、冷凍機能が付いているトラックもあります。