トラックをリースする

トラックをリースする

主に業務で使用するトラックを用意する際、
中古トラックや新車でトラックを購入するというのが一般的な考え方でしたが、
それが近頃は変わりつつあります。

 

購入ではなくリースという選択肢を選ぶ個人や企業も見られるようになってきています。

 

リースとは企業向けの長期間にわたるレンタル契約のことです。
リース契約を結ぶことによって、
自社のトラックと同じような扱いでトラックを使用することができます。

 

企業がリース契約を結ぶ主な対象としては、
コピーやファックスといったOA機器が多く見られます。

 

購入よりもリースを選ぶメリットとは何でしょうか。

 

まず一つは税金面や費用面でのメリットが大きくなります。

 

リースは自社の物のようにトラックを使用できるのですが、
結局その所有権はリース会社にあります。

 

一方でトラックを購入した場合、その所有権は自社にあります。
自社の物となると経理上資産としてみなされてしまうため、
それが固定資産剤の対象になってしまいます。

 

リースならその対象にならないため、節税効果が期待できるのです。

 

リースは毎月リース費用をリース会社に支払います。
そのため毎月の支払金額が一定します。
リース使用にかかる費用は経費として認められますので、
利益から経費を引いた金額にかかる法人税の節税効果も期待できるようになるのです。

 

またリース契約は借入をするよりも契約しやすいのもメリットだと言えます。
中古トラックでも新車でも、
トラック購入時にかかる費用を一括で用意できなければ銀行より借入れを行いますが、
場合によって借入が難しくなることがあります。
一方でリースは借入よりも審査が通りやすいのです。