中古トラックの魅力

トラックを新車で購入するメリット

主に業務にて使用するトラックを購入する予定がある場合、
新車で購入するか、中古で購入するかで迷うのではないでしょうか。

 

それぞれメリット、デメリットがありますのでよく理解した上で購入時の参考にしましょう。

 

新車でトラックを購入するメリットは、
最新機能がついている、長期間乗れる、
オプション設定で利便性の高い仕様に変えられる、
中古トラックとして買取してもらうときも査定額が高くなるといったメリットが考えられます。

 

中古車とは異なり、新車は以前誰かが乗ったトラックではありませんので、
車体からエンジンまで全て新しいため、ダメージやトラブルが起こりにくいのです。

 

そのため長い期間トラックに乗ることができます。

 

中古トラックを購入して乗ると言う方法もありますが、
中古トラックの場合、エンジンや車体、部品等がある程度ダメージや損傷を受けているため、
購入後もトラブルや不具合が起こる可能性が新車よりも高く、
購入後長期間乗ることが難しかったりするのです。

 

また車やトラックに関する機能も日々新しいものが開発されていますので、
新車で購入するとこういった最新機能がついている車種も選べますので
快適にトラックを使用できるようになります。

 

また新車ならオプション設定で必要な便利機能を付けたすことができるため、
業務の効率向上やドライバーがトラックに便利で快適に乗れるようになります。

 

中古トラックは既に機能やオプションが取り付けられた車が販売されているのですが、
望んでいるようなオプションや機能がついているトラックを見つけるのは簡単ではありません。
 

中古トラックを購入するメリット

トラックを中古で購入するメリットとは何でしょうか。

 

まず最も大きいのがコストがかからない点です。
新車で購入するのと、中古で購入するのとでは
同じグレードの車でもかなり価格差が大きくなります。

 

同じ金額を支払うのであれば、中古トラックを購入した方がよりグレードが高い、
機能や装備に優れている中古トラックを購入することができるのです。

 

中古トラックなら既に装備が整った状態で販売されていますので、
追加料金を支払って装備をプラスすることもありません。

 

また自動車を取得する際にかかってくる自動車取得税ですが、
中古トラックのほうが取得税が安くなるのです。

 

中古トラックは気兼ねなく乗れるというのもメリットだと言えます。
新車はボディもピカピカで傷一つありませんので、
乗り始めの頃はかなり運転にも気を使います。

 

それは安全運転にもつながりメリットもあるのですが、
運転に慎重になりすぎることで業務効率が下がることにもなりかねません。

 

中古トラックは多少の傷がありますので、
購入当初から新車ほど気を使わずに運転をすることができるのです。

 

新車と比較して納車までの期間が短いのも中古トラックのメリットです。
新車は購入契約をしてから、
納車まで車種にもよりますが1か月前後の期間がかかります。

 

一方で中古車の場合は既に販売できる状態ですから、
購入契約をしてから早ければ1週間ほどで納車してもらうことができるのです。

 

トラックは業務で使用することから、急ぎで必要になることもあるかもしれません。
そんな時納車が早いとすぐに使用できますので助かります。